So-net無料ブログ作成
検索選択

押収注射器からメタミドホス…毒ギョーザ(読売新聞)

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、警察庁は27日未明、中国公安省からの情報として、呂月庭容疑者の周辺から押収された2本の注射器を分析した結果、有機リン系殺虫剤のメタミドホスが検出されたことなどを発表した。

 2008年1月に千葉、兵庫両県での被害が発覚した後、中国・河北省でも、同年6月に同じ製品による多数の中毒被害が発生していたことが判明している。同庁は、呂容疑者がどちらの事件で逮捕されたのかは「現段階では不明」としているが、外務省によると、中国側は容疑者は日本での中毒事件にかかわったことも伝えてきており、今後、「日本側が希望すれば、共同捜査を行う用意がある」とも連絡してきたという。

 呂容疑者逮捕の連絡が警察庁に入ったのは27日午前0時。呂容疑者は天洋食品の食堂の管理人で、「長期間、臨時工として勤務しても正社員にしてもらえなかった」などと供述しているという。中国側は「2本の注射器は下水道に捨てられていた」としているが、下水道がどの場所にあったのかなどは明らかにしていない。また呂容疑者の単独犯行かどうかについても、警察庁は「現段階ではわからない」としている。

 日中両国の間では犯罪人引き渡し条約が結ばれていないため、警察庁は、呂容疑者が日本側の事件に関与していた場合、代理処罰の要請を検討する方針。また、注射器から検出されたメタミドホスが千葉、兵庫両県で被害が出たギョーザから検出された成分と一致するかどうか確認するため、捜査幹部の派遣も検討している。

<茨城18歳死亡>死体遺棄容疑で新たに2人逮捕(毎日新聞)
<中部電力>風力発電計画を白紙撤回へ 愛知・静岡県境(毎日新聞)
地下銀行営業でベトナム人4人逮捕=約30億円を送金−宮城県警(時事通信)
首つり自殺…一転、保険金殺人 宮城県警に恩を売った男の決死の覚悟とは(産経新聞)
<掘り出しニュース>チャペルは地上110メートルの空中に(毎日新聞)

<ホームレス>1万3124人で前年比2635人の減少(毎日新聞)

 厚生労働省は26日、ホームレスの全国調査結果を公表した。ホームレスの数は前年から2635人減の1万3124人(今年1月時点)で、過去5回の調査で最少となった。雇用、経済情勢が悪い中での減少に、厚労省社会・援護局は「生活保護を活用した人が増えたのではないか」と分析している。

 調査は全国の公園や河川、道路、駅舎、その他の施設で日常生活を営む人を目視調査で確認した。ホームレスは男1万2253人、女384人、不明487人でいずれも前年より減少。ホームレスがいる自治体は、前年より30少ない474市区町村だった。

 都道府県別では、大阪府が3338人(前年比964人減)で最も多く、東京都3125人(同303人減)、神奈川県1814人(同10人増)が続く。38都道府県で減少し、9県で増加した。

 場所別の割合は、河川が最多の30.1%。公園が28.9%、道路が16.7%だった。初調査の03年と比較すると、公園の割合が10ポイント以上減少しており、公園からの追い出しが進んでいる様子がうかがえる。【東海林智】

【関連ニュース
路上生活者:34%に知的障害の疑い 東京・池袋で調査
無料低額宿泊所:入所者増に市原市悲鳴、保護費に業者続々
無料低額宿泊所:千葉・市原市、入所者増に悲鳴 他市より保護費1千円高、業者続々
貧困ビジネス:囲い屋、ホームレスを食い物 生活保護12万円、10万円“ピンハネ”
貧困ビジネス:「囲い屋」大阪に6業者 生活保護費、8割天引き−−市など調査

自民、25日にも両院懇開催=執行部刷新は重ねて拒否−谷垣総裁(時事通信)
生方氏の解任撤回 小沢氏「職務に全力を挙げてくれと…」(産経新聞)
「ヤミ専従」98人に 北海道開発局 国交省が4119人処分へ(産経新聞)
日中韓「今まで以上に良好に」=東アジア共同体の意義強調−鳩山首相(時事通信)
大阪中心部に親水ゾーン「僕も泳ぐ」橋下知事(読売新聞)

<自転車共同利用>富山で本格導入 150台で環境に貢献(毎日新聞)

 自転車を共同利用することで、都心での渋滞緩和や温室効果ガス削減にも貢献する自転車共同利用事業(バイクシェアリング)が20日、日本で初めて富山市で始まる。パリなど欧州64都市で同事業を展開する仏企業「ジェーシードゥコー」の子会社「シクロシティ」(東京都)が運営する。富山市での利用状況などを検証し、全国展開を目指すという。

 国内では昨年、環境省が主導し、東京・丸の内で試験的に実施した例があるが、本格導入は初めて。

 富山市の場合、中心市街地に駐輪場を300メートルおきに計15カ所設置。150台の自転車を用意する。利用は登録者に限られ、月500円の定期を購入すれば30分までは何回でも無料で乗れる。返却は最寄りの駐輪場で可能だ。施設整備などに富山市が1億5000万円を支出。自転車や駐輪場に掲示する広告収入が収益の柱になる。

 導入後は大学の研究者らが事業を検証・分析、結果を公表する。シクロシティのトマ・ゲドロン社長は「質の高いサービスで拡大を目指したい。環境対策にも貢献できる」と話す。

 同システムは地球温暖化など環境意識の高まりを背景に欧米を中心に広がっており、パリでは2万台以上が稼働。台湾や中国でも導入されている。【下桐実雅子】

【関連ニュース】
NTTドコモとドーコン、札幌で自転車共同利用サービスの実証実験
オリックス自動車、電動アシスト付き自転車のレンタルを開始
マイカー 減らそう:勝間和代のクロストーク
知恵を絞ろう:温暖化防止/3 カーシェアリング
ことば:カーシェアリング

<雑記帳>元牛舎を全面改造のカフェオープン 静岡・三島(毎日新聞)
<裁判員裁判>女性刺殺の被告に懲役15年 静岡地裁判決(毎日新聞)
狩野探幽 水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
検察、有罪立証の方針=布川事件の再審公判(時事通信)
鳩山邦夫氏の離党届を自民受理、処分は見送り(読売新聞)

温暖化ガス25%減は可能=対策のたたき台公表−環境省(時事通信)

 環境省は19日、2020年までに温室効果ガス排出量を25%削減する鳩山内閣の目標実現に必要な地球温暖化対策項目のたたき台を公表した。住宅・ビルの省エネ規制強化や「コンパクトシティー」づくりを通じた自動車走行量削減といった対策を盛り込んだ上で25%減の達成を可能と断言している。政府は現在、目標達成への道筋を明らかにする行程表(中長期ロードマップ)づくりを進めており、今回のたたき台を反映させる考えだ。
 たたき台は▽日々の暮らし▽地域づくり▽ものづくり▽エネルギー供給−の各分野ごとに対策を提示。日々の暮らしでは、すべての新築住宅が1999年の次世代基準を満たすよう義務付けたり、年間新車販売台数490万台のうち250万台をハイブリッド車や電気自動車などのエコカーにするための購入支援策を講じたりする。
 エネルギー供給では、住宅用を除いた太陽光発電の導入量を最大で2560万キロワット(05年30万キロワット)にするほか、原発の利用率を最大88%(08年度60%)に高めるとしている。 

【関連ニュース
【特集】トヨタ プリウス
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
〔用語解説〕「地球温暖化対策基本法案」
昨年末の液晶TV普及率46%=エコポイントが上昇後押し
日中韓首脳会談、5月末で調整=韓国・済州、対北など協議

エベレスト登頂ネット中継へ  登山家・栗城「みんなで夢を共有したい」(産経新聞)
<公務執行妨害罪>不当取り調べで成立せず 神戸地裁(毎日新聞)
【いきいき】絵地図師・散歩屋 高橋美江さん(産経新聞)
<強風>関東地方を中心に強い風 東京・調布で3人けが(毎日新聞)
久保が勝ち2勝2敗=将棋棋王戦(時事通信)

基調判断を上方修正=7カ月ぶり−2月消費動向調査(時事通信)

 内閣府が15日発表した2月の消費動向調査によると、半年後の暮らしの明るさを示す消費者態度指数(一般世帯)は、前月を0.8ポイント上回る39.8と2カ月連続で上昇した。昨年10月をピークに下降に転じた指数の動きに歯止めが掛かったことから、基調判断について、前月までの「弱い動きがみられる」から「ほぼ横ばい」へ昨年7月以来7カ月ぶりに上方修正した。
 指数を構成する4指標のうち、「暮らし向き」と「収入の増え方」は各0.9ポイント、雇用環境は1.1ポイント上昇し、いずれも2カ月連続で前月を上回った。「耐久消費財の買い時判断」は0.1ポイント上昇、3カ月連続でアップした。 

【関連ニュース
2.5ポイント、過去2番目の上昇=1月の景気動向指数
二番底の懸念薄れつつある=宗岡鉄連会長
セシール、管理職対象に25人の希望退職募集
指数、1.4ポイント上昇=1月の消費動向
一致指数、1.6ポイント上昇=昨年11月の景気動向

三笠フーズ元顧問に有罪=事故米不正転売−大阪地裁(時事通信)
老人施設「たまゆら」火災で運営団体のNPO認証を取り消し(産経新聞)
覚せい剤譲渡、派遣社員男性に無罪判決(読売新聞)
<訃報>平尾勝さん89歳=元ダイダン副社長(毎日新聞)
官房長官、地デジ移行の質問に「いやなこと聞くね」(産経新聞)

<茨城空港>開港、第1便飛び立つ 国内98カ所目(毎日新聞)

 国内98カ所目の空港となる茨城空港(茨城県小美玉市)が11日、航空自衛隊百里基地との共用飛行場として開港した。第1便となる神戸発のスカイマーク記念便(177席)は午前9時40分に到着。記念撮影などをする乗客が多く、予定より約40分遅れの同10時46分に折り返し機が飛び立った。

 同空港は羽田や成田とすみ分け、格安航空会社(LCC)の拠点となる「首都圏第3空港」を目指すが、定期便は韓国・アシアナ航空のソウル便とスカイマークの神戸便がそれぞれ1日1往復するのみ。アクセス整備も追いつかず、需要拡大が不安視されている。

 それでも11日は記念便のほか、旅行会社が企画した台北往復とハワイ行きの各チャーター便など計5機9便のフライトが組まれ、空港はにぎわった。航空会社などによると、9便とも予約は満席という。【高橋慶浩】

【関連ニュース
茨城空港:採算は視界不良 定期便2路線で11日開港へ
茨城空港:4月からスカイマーク神戸便が就航 初の国内線
増える空港 かさむ赤字/1 狭い国土に98
茨城空港
地方空港:特会見直し、逆風 日航破綻後の減便追い打ち

9500万円減額の修正予算案可決=竹原市長はまた欠席−阿久根市議会委(時事通信)
容疑者の菓子盗み食い、巡査を減給処分(読売新聞)
正面衝突で3人死亡=小3男児も重体−堤防沿いの県道・名古屋(時事通信)
<氷見市長選>堂故茂氏が無投票で4選 富山(毎日新聞)
<阿久根市長>予算特別委員会の出席を再び拒否(毎日新聞)

菅野美穂、「坂の上の雲」への思い語る 松山でトークショー (産経新聞)

【ふるさと便り】

 NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」で主人公、正岡子規の妹の律を演じる女優の菅野美穂さんが12日、松山市の坂の上の雲ミュージアムで市民ら約300人を前にトークショーを行い、ドラマ出演の感想や今後の抱負などをユーモアを交えながら語った。

 菅野さんは「この作品に参加できてうれしい。原作や関係資料を手がかりに律という人のイメージをふくらませています」とドラマへの思いを語った。また、「明治という時代に生きた女性たちの献身があって、今の時代があることを改めて感じています」と述べた。

 ドラマに感激したという松山市の大学生、浅井輝美さん(19)は「菅野さんとドラマの律とには違和感を覚えませんでした。すてきな女性でした」と話した。

 トークショーは、放送を機に、松山の活性化を図る交流人口・産業拡大会議が主催。観光施設「『坂の上の雲』のまち松山スペシャルドラマ館」の開館を記念して企画された。

 ドラマは3部構成で、第2部は12月5日から26日まで毎週日曜日に放送される予定。

【関連記事】
菅野美穂が愛のメッセージ「恥ずかしい」
ハンパない! 中村果生莉“金の開脚”披露
【芸能ニュース舞台裏】菅野美穂“ヘン顔”使わないで
期待裏切らずにスタート 「坂の上の雲」主演の本木雅弘
菅野、オードリー春日の「ベストが大好き」
20年後、日本はありますか?

<雑記帳>長谷川等伯展で「オマージュ」ラスク(毎日新聞)
<自殺>硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション(毎日新聞)
<訃報>堀木博さん95歳=元日本トランスシティ社長・会長(毎日新聞)
首相動静(3月11日)(時事通信)
万引誤認逮捕、全国で相次ぐ 「目撃」偏重、裏付け怠る(産経新聞)

<日米密約>無利子預金問題は10日以降発表…財務相(毎日新聞)

<春の陽気>各地で気温20度超える 南から暖かい風が入り(毎日新聞)

 南から暖かい風が入り込んだ影響で5日、東日本から西日本の太平洋側では各地で気温が20度を超え、4月下旬から5月下旬並みの陽気となった。気象庁によると、長野県伊那市で最高気温が21.9度となるなど、7地点で3月の観測史上最高を更新した。6日以降は低気圧が通過する影響で全国的に雨か雪となり、寒さが戻る見込み。

 ほかに3月の最高気温を更新したのは鹿児島県・与論島の26.2度、群馬県嬬恋村の17.0度など。嬬恋村は平年を15度以上も上回った。東京都心は平年より6.6度高い18.2度だった。【福永方人】

【関連ニュース
クレーン横転:病院建設現場で1人死亡、3人重傷 長野
雪崩:ホテルのロビーに流れ込み2人けが 長野・志賀高原
大雪と強風:新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響
紅梅・白梅:東京・青梅で3分咲き 関東甲信で気温上昇
春一番:関東、西日本などで観測 全国で5月並みの陽気

<新茶摘み>静岡・島田のハウス茶園で始まる(毎日新聞)
滋賀リビング新聞社で火災=けが人なし−大津(時事通信)
予算案が衆院通過、年度内成立が確定(読売新聞)
サイトの暴走画像で割り出し、42歳逮捕(読売新聞)
<ユーチューブ>逮捕の発端に バイクで時速188キロ(毎日新聞)

<普天間>官房長官と米大使 会談で「トラスト・ミー」応酬(毎日新聞)

 平野博文官房長官とルース駐日米大使が2日に会談した際、大使が「トラスト・ミー(私を信じてほしい)」との言葉を使って具体的な移設候補先を示すよう迫っていたことが分かった。平野氏が5日の記者会見で明らかにした。

 平野氏によると、ルース大使は普天間飛行場の移設先について「外へ漏らさないから、私を信じて(トラスト・ミー)、具体名を言ってください」と要請。平野氏は「ゼロベースで検討中だ。5月末までに決めるので、トラスト・ミー」と応じたという。

 「トラスト・ミー」は昨年11月の日米首脳会談で、鳩山由紀夫首相がオバマ米大統領に語った言葉と同じ。米側は「年内に現行案で決着」と受け止めたが、日本側が先送りしたため、両国関係がギクシャクする要因の一つになった。【横田愛】

【関連ニュース
普天間移設:米大使「現行案がベスト」 平野長官らと会談
普天間移設:平野官房長官、検討状況のみ米大使に伝える
平野官房長官:小沢氏の競走馬育成協会長兼職「問題なし」
参院予算委:3閣僚遅刻 平野官房長官「連絡ミス」と釈明
大津波・津波警報:官房長官「沿岸に近づかないように」

「ご当地グルメ」をブランド化=名物料理、商標登録を支援−農水省(時事通信)
【Web】「最後のメール」送るサービス(産経新聞)
鯛生金山 盗まれた「金滴」 表面だけ金のレプリカかも(毎日新聞)
<中日>ネルソン投手、5月末までの出場停止処分に(毎日新聞)
「対応に深い悔恨の念」=検証結果を公表−死亡小1の虐待で区・東京(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。